手芸などで使われる手縫い針は広島県は生産日本一。
大きく分けて「和針」と「洋針(メリケン針)」の2種類があります。さらに、それぞれ太さや長さによっても種類が変わり、名前や数字も異なります。
一般的には、数字が小さいほど太く、大きいほど細くなります。
手芸などをあまりやらない人にとっては「なんで針の大きさが違うのだろう?」と思ってしまうかもしれませんが、実際に使ってみると針の違いで作業のしやすさも大きく違ってくるんですよ。

●手縫い針の選び方
手縫い針は以下のように長さや太さによって、おすすめの使い方が変わってきます。

  • 長い針:並縫い、くけ縫いなどの数目連続して縫う時
  • 短い針:まつり縫いなど一目ずつ縫う時
  • 太い針:厚手の木綿など
  • 細い針:薄手の繊細な布

さらに、人によって指の長さが違うので使いやすい針の長さは個人によって違います。なので、セットなどで数種類入っている針を使って、実際に自分が使いやすい針を見つけましょう。

関連記事

  1. 2018.10.26

    二十世紀梨

    シャリッとした歯ごたえ。ほとばしるジューシーさ。優美な高級果実、二十世紀梨は、鳥取県が長年収穫量日本…

    二十世紀梨
  2. 2018.10.26

    ケール

    ケールは青汁に最も使われている原料の一つです。生産地は茨城県をはじめ島根県、福岡県、大分県、鹿児島…

    ケール
  3. 2018.10.26

    かき(牡蠣)

    広島といえば、かき。かきといえば広島。およそ450年前から養殖されていたと言われる県の代表的な水…

    かき(牡蠣)
  4. あまだい

    2018.10.26

    あまだい

    甘みがあり、上品な味わいの高級魚あまだいは、山口県が漁獲量日本一。対馬沖から浜田沖に…

    あまだい
  5. 2018.10.26

    しじみ(蜆)

    島根県、宍道湖。ここで獲れるヤマトシジミは粒が大きく身が肉厚で味がよく、全国一の漁獲量を誇ります。…

    しじみ(蜆)
  6. 2018.10.26

    白桃

    透き通るような白い肌。ふわっと漂う甘い香り。岡山を代表する果物、白桃は全国シェアでも一番です。あ…

    白桃
PAGE TOP