上品な味わいの高級魚あまだい

,

甘みがあり、上品な味わいの高級魚あまだいは、山口県が漁獲量日本一。

対馬沖から浜田沖にかけての近海で獲るため、極めて新鮮で高い評価を得ています。

塩焼きも西京焼きも美味ですが、何といっても、地元で食べるなら刺身に限ります。
例えば漁師の皆さんも、市場でトロ箱をセリ直前まで開けないなど、「鮮度」を守る工夫を重ねています。

山口県あまだい漁獲量日本一:出典元(2006年4月7日現在):『農林水産省「漁業養殖業生産統計調査」』

山口県自慢の魚

ほんのりと甘みがあることから、その名がついたといわれるあまだい
上品な味わいが、珍重されています。

あまだいには主にシロアマダイ、アカアマダイ、キアマダイの3種がありますが、山口県で獲れるのはアカアマダイです。
全長は20-60cmほどで全体に赤いのが特徴です。
鈍い光沢のある鱗に覆われています。
一年を通しておいしく味わうことができますが、旬は冬です。
寒さとともにグンと増す美味しさは格別です。観光客などに人気です。

山口県は対馬沖から浜田沖にかけての近海で漁場が近いこともあり、萩のあまだいは市場に並ぶもののなかで鮮度の悪いものはほとんどないといわれるほどです。

上品な味わい

産地ならではの新鮮なあまだいは、淡白な中に上品な甘さが堪能できる刺身がおすすめです。
鱗をつけたまま調理した素揚げや塩焼きは、柔らかい身とサクサクの鱗付皮目が一度に味わえて絶品です。

管理人は、山口に住む従姉妹の結婚式で鱗を落とさずに焼いた「鱗焼き」というお料理をいただいたことがあります。
東京出身の管理人にとっては、初めての料理でしたが、ぱりぱりとした鱗の食感と柔らかく淡白な身の組み合わせが絶妙でした。

足の速い魚なので、少し前までは近隣の土地でしか食べられませんでしたが、冷蔵技術と運送網のおかげで広く関東まで出回るようになってきました。

道の駅 萩しーまーと

萩地方卸売市場に隣接する道の駅「萩しーまーと」は、活気あふれる市場の雰囲気の中で鮮魚や水産加工品、地元産の野菜・果物などのショッピングが楽しめます。
特に萩産の新鮮魚介”が手に入る施設には、獲れたて鮮魚を目当てに県内外から大勢のお客様が訪れます。
「萩のあまだい」はその中でも一番人気。40cm、50cm以上の大物は開店間もなく売り切れてしまうことが多いので、ご注意ください。
産地ならではのリーズナブルな価格の「開き」や小ぶりな30cm前後のサイズも人気です。

道の駅 萩しーまーと
山口県萩市椿東4160-61 TEL 0838-24-4937
営業時間 9:30~18:00 休館日 1月1日のみ

MORE PRODUCT

  1. あまだい

    あまだい

    甘みがあり、上品な味わいの高級魚あまだいは、山口県が漁獲量日本一。対馬沖から浜田沖にかけての近海で獲るため、極めて新鮮で高い評価を得…

    あまだい
  2. ケール

    ケール

    栄養抜群の緑黄色野菜、ケール。日本では青汁の原料としてよく知られており、「そのまま食べると苦い野菜」といったイメージがあるかもしれません。し…

    ケール
PAGE TOP