畳の原料で使われるイグサは熊本県が生産日本一。
ちなみに収穫量、栽培面積、作付面積も熊本県が日本一で、主な産地は熊本県八代地方は国産畳表の8~9割のシェアを誇っています。

イグサは単子葉植物イグサ科の植物で、標準和名は「イ」。短いですね(笑)。最も短い標準和名としても知られています。畳表にも使われますが、昔は俳句の夏の季語としても使われていたようです。

湿地や浅い水中に生える植物で、泥に根を下ろす。植物の姿はちょっと変わっており、先のとがった細い茎ばかりがたばになったような姿をしています。

イグサが畳に使われる理由は、イグサには木炭に匹敵する吸湿能力があり、湿度が高いときは無数の気候から湿気を吸い取って中にたくわえ、逆に部屋が乾燥するとたくわえた水分を放出して空気の湿度を調節するからと言われています。

関連記事

  1. 2018.10.26

    パインアップル

    ほどよい酸味と、甘くみずみずしい果汁が口の中いっぱいに広がる沖縄産パインアップル。亜熱帯の気候と…

    パインアップル
  2. 2018.10.26

    ケール

    ケールは青汁に最も使われている原料の一つです。生産地は茨城県をはじめ島根県、福岡県、大分県、鹿児島…

    ケール
  3. 2018.10.26

    びわ(枇杷)

    初夏の甘い味わいをとどける長崎のびわ。その歴史は江戸時代まで遡ります。冬場も温暖な長崎海岸沿いの…

    びわ(枇杷)
  4. 2018.10.26

    さつまいも

    船乗り前田利右衛門が琉球から苗を持ち帰って約300年。人々の生命を守ってくれる作物として、またヘ…

    さつまいも
  5. 2018.10.26

    サフラン

    生薬や染料として古代から珍重されてきたサフラン。大分では明治36年に栽培が始まり、国内の約8割以…

    サフラン
  6. 2018.10.26

    スィートピー

    気候に恵まれた宮崎は、観光スポットはもとより、住宅地にも四季折々の花々があふれている花の国です。…

    スィートピー
  7. 2018.10.26

    二条大麦

    お酒は素材が命です。そして日本人の大好きなビール、焼酎、ウイスキーの主原料は麦。正しくは二条…

    二条大麦
  8. 2018.10.26

    富有柿

    富秋から冬の代名詞、柿の王様と言われる富有柿。福岡産は、筑後川流域の肥沃な大地と山の清流に恵まれ…

    富有柿
  9. 2018.10.26

    すいか(西瓜)

    指ではじくとコン!と音がしそうな熊本すいか。ここ肥後の国では古くから栽培が行われており、いまも収…

    すいか(西瓜)
PAGE TOP