生薬や染料として古代から珍重されてきたサフラン

大分では明治36年に栽培が始まり、国内の約8割以上が竹田市で生産されています。

たった1gを得るのに、花100個、およそ300本の雌しべが必要になります。繊細な手摘み作業で収穫された竹田産のサフランには、有効成分が外国産の数倍も含まれ、品質の高さは海外でも知られています。

大分県サフラン生産量日本一出典元(2006年4月7日現在):『財団法人日本特産物協会「薬用作物関係資料」』

関連記事

  1. 2018.10.26

    富有柿

    富秋から冬の代名詞、柿の王様と言われる富有柿。福岡産は、筑後川流域の肥沃な大地と山の清流に恵まれ…

    富有柿
  2. 2018.10.26

    さつまいも

    船乗り前田利右衛門が琉球から苗を持ち帰って約300年。人々の生命を守ってくれる作物として、またヘ…

    さつまいも
  3. 2018.10.26

    スィートピー

    気候に恵まれた宮崎は、観光スポットはもとより、住宅地にも四季折々の花々があふれている花の国です。…

    スィートピー
  4. 2018.10.26

    びわ(枇杷)

    初夏の甘い味わいをとどける長崎のびわ。その歴史は江戸時代まで遡ります。冬場も温暖な長崎海岸沿いの…

    びわ(枇杷)
  5. 2018.10.26

    二条大麦

    お酒は素材が命です。そして日本人の大好きなビール、焼酎、ウイスキーの主原料は麦。正しくは二条…

    二条大麦
  6. 2018.10.26

    パインアップル

    ほどよい酸味と、甘くみずみずしい果汁が口の中いっぱいに広がる沖縄産パインアップル。亜熱帯の気候と…

    パインアップル
  7. 2018.10.26

    イグサ

    畳の原料で使われるイグサは熊本県が生産日本一。ちなみに収穫量、栽培面積、作付面積も熊本県が日本一で…

    イグサ
  8. 2018.10.26

    ケール

    ケールは青汁に最も使われている原料の一つです。生産地は茨城県をはじめ島根県、福岡県、大分県、鹿児島…

    ケール
  9. 2018.10.26

    すいか(西瓜)

    指ではじくとコン!と音がしそうな熊本すいか。ここ肥後の国では古くから栽培が行われており、いまも収…

    すいか(西瓜)
PAGE TOP